五塚原古墳

乙訓古墳群を構成する古墳

寺戸町「はり湖池」西側の山頂にある、古墳時代前期の全長約91mの前方後円墳です。3世紀後半頃の古墳で完全な形で残っています。前方部の形は、三味線のバチに似ているので「バチ形」と呼ばれています。
五塚原古墳
住所
向日市寺戸町芝山
アクセス
阪急京都線「東向日駅」から徒歩10分
お問合せ
向日市教育委員会 文化財調査事務所
電話番号: 075-931-9901

二つの池と、心地よい森が広がっています。

コメント

コメントする

お名前
画像
本文
TOP