五辻常夜灯

江戸時代に京都から楊谷寺(柳谷観音)へ行く参拝者のため、柳谷道の起点となる五辻に立てられました。
昭和初期に新道建設のため移設されましたが、平成24年に現在の場所に復元されました。
復元にあわせて整備されたポケットパークが地域の憩いの場となり、また移設を記念して毎年11月に開催される「常夜灯まつり」も五辻のシンボルとして親しまれています。


五辻常夜灯
住所
向日市向日町南山
アクセス
阪急京都線「西向日駅」から徒歩約10分

コメント

コメントする

お名前
画像
本文
TOP